一人暮らしにはベランダ菜園がおすすめ| 季節や旬を感じられる豊かな暮らし

広い庭や畑を持っていない、
一人暮らしのベランダで野菜を育てるのはむずかしそう…
と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は小さなベランダでもプランターひとつでベランダ菜園をはじめることができます。
日々世話をして手間暇かけて育てた野菜には愛着がたっぷり。
さらに収穫したばかりの新鮮な野菜は
買って来たものより一層おいしく感じるはずです。

今回は一人暮らしでもできるベランダ菜園の
注意点やおすすめ野菜についてお伝えします。

ベランダ菜園をすることで気がつく季節のうつろい

ベランダ菜園をはじめると、今まで見過ごしがちだった、
ささやかな変化にも気づくことができるはず。
日々の成長を見守ると育っていく葉っぱの青さや立派な枝ぶり、
実がついた時の感動を味わえます。

また、旬に合わせてタネをまくことで、
収穫時、野菜本来のおいしさを味わうことができます。

自分で育てた野菜を自分で食べることで
日々食べている作物のありがたさに気がつくこともできることでしょう。

ベランダ菜園を始める前の注意点

ベランダ菜園をはじめるときには、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?
ポイントをおさらいしていきます。




ベランダの日当たりを見て、育てる野菜を決める

ベランダに日光はどれくらい当たりますか?
もちろん日が当たるベランダであれば野菜は育ちやすいですが、
日光が当たりづらくても大丈夫。
半日陰でも育つ野菜であるツケナやリーフレタス、いちごを選んで育ててみたり、
日光の当たる場所にプランターを動かすなどすると
きっと野菜は元気に育つはずです。




ベランダ菜園が禁止されていないか確認

アパートやマンションのベランダは、住人の共有部であることをご存じでしたか?
避難経路として使う可能性があるので、
ベランダに物をおくことが制限されている場合も。

ベランダ菜園を始める前には、賃貸物件の管理者等に
プランターを置いても良いかを確認するとよいでしょう。




近所や階下への配慮を

ベランダ菜園をしていると、流れ出た土や石が排水溝をふさいでしまったり、
季節に害虫がよってくることも考えられます。
ちょっとしたことが、トラブルになりかねません。

ベランダ菜園をするときはこまめな掃除や、
虫がついていないかのチェックなどを日常的に行い、
近所の方に迷惑にならないようにしましょう。

ベランダ菜園に必要なアイテム

ベランダ菜園に必要なアイテムは以下の通り。
培土や肥料は重たいので、ネット通販を活用して購入するのもおすすめです。

  • 観察と相互作用
  • 種or苗
  • 水捌けの良いプランタ
  • 培土
  • 肥料
  • じょうろ
  • スコップ


一人暮らしのベランダ菜園にぴったりな野菜を選ぼう!

日中忙しく働いている一人暮らしの人には、
時間や手間をかけてじっくり育てる野菜よりも、
短期間で育つものが特におすすめ。

手軽に食卓に取り入れられる野菜にすることで、
野菜を育てることのよろこびをより感じやすくなることでしょう。



バジル

タネまきから1〜2ヶ月で収穫ができるバジル。
香り豊かなハーブで、イタリア料理にもぴったりです。
ベランダで育てることで、一度にたくさん、
もしくは、必要な分だけ収穫できることも魅力のひとつ。



ルッコラ

発芽率がよく、生長が早いルッコラ。
病害虫にも強いのでベランダ菜園をはじめたての人にも育てやすい野菜です。
生長した葉から順次収穫できるので、料理に手軽に取り入れることができます。



ラディッシュ

ラディッシュは別名「二十日ダイコン」。
その名の通り、20日ほど(※気温の低い季節はおよそ2倍の日数が必要です)で収穫できるのが魅力。
カラフルなラディッシュは食卓を彩ってくれます。



イチゴ

イチゴは苗の状態から育て始めることをおすすめします。
丁寧に成長を見守ることで、1株当たり10個ほど実をつけます。



家庭菜園を始めるならUETEのスターターセットがおすすめ

おしゃれな見た目で、初心者でも失敗しにくい質の良いアイテムを揃えた
UETEのスターターセットは、一人暮らしでベランダ菜園をはじめたい人に特におすすめ。

自分の手で収穫できるよろこびを、ご自宅で実践してみませんか?

UETEの商品詳細はこちらから
記事一覧へ