スイスチャードの育て方

スイスチャードは光沢のある濃緑色の葉を持ち、ホウレンソウの仲間です。
黄色や赤、橙などカラフルな葉柄は、ガーデニングスペースに彩りを与えてくれます。

耐暑・耐寒性があり、ほぼ1年を通して育てることができることから「不断草(フダンソウ)」とも呼ばれています。
病害虫も少ないので初心者に育てやすい野菜です。

UETEがお届けしたスイスチャード「ブライトライト」は、葉柄と葉脈が黄・赤・白色などに着色するフダンナの一種。
あえもの、お浸し、サラダなど幅広い料理でお楽しみください。

【UETE版】スイスチャードを育てるために必要なもの

  • 培土(5L×2袋)
  • 肥料(15g×3袋)
  • スイスチャードの種
  • プランター(1セット)
  • ラベル(1枚)
  • UETEブランドブック
  • 育て方マニュアル
  • ジョウロ

 

おいしいスイスチャードを収穫する6つのステップ

 

1:土づくりをします。

スイスチャードのタネをまく前に、
まずはUETEによる培土のオリジナルブレンド「UETE SOIL PACK」を使って土づくりに取りかかりましょう。

UETE SOIL PACKは野菜が喜ぶ良質な培土です。
さらさらと乾燥した状態でお届けしますので、
2袋分(計10L)のUETE SOIL PACKに対して500MLの水をたっぷりと含ませてください。

プランターの中で大胆にかき混ぜたら、UETE流の土づくりの完成です。

 

2:タネをまきます。

培土の用意が整ったら、いよいよスイスチャードのタネをまきましょう。

表面の土を平らにならした後、土に1cm程度の溝を指で2本作ります。
約5cm間隔になるように1粒ずつタネまきをしてから、土を薄く被せます。これを「すじまき」と言います。

土をかぶせたらたっぷりと水やりをしてください。
発芽までは土の表面が乾燥しないように気を付けます。
ただし、土の湿りすぎは病気にかかりやすくなるので、
発芽するまでは湿った新聞紙などをかけて保湿するとよいでしょう。

このとき、肥料をあげる必要はありません。
UETE SOIL PACKに含まれている肥料成分が、効き目を発揮するからです。

 

3:発芽後は、たっぷりのお水をあげます。

スイスチャードを育てはじめたら、毎日、土の状態をチェックしましょう。

発芽後は、表土が乾いたら水やりをします。
プランターの底から溢れるくらいにたっぷりとお水をあげましょう。

 

4:間引きは生長に合わせて2回おこないます。

間引きは計2回おこないます。

1回目の間引きは、本葉が2~3枚になったら。
生育のよい株を残し5~6cm間隔に間引きします。
間引き後は、株がぐらつかないように株元に土寄せをします。

2回目の間引きは、本葉が4~5枚になったら。
再び生育のよい株を残し15cm間隔に間引きします。

 

5:2回目の間引きのあとに追肥をします。

2回目の間引き後、列と列の間に肥料1袋(15g)を与えてください。
追肥後はしっかり土となじませます。

 

6:草丈が15cmくらいになったら収穫の合図です。

草丈が15cmくらいになったら収穫の合図です。外側の葉からハサミで切り取ります。内側は新芽がどんどん大きくなり繰り返し次々に収穫できるので、長期間の収穫をお楽しみくださいね。

おいしいスイスチャードを収穫するためのポイント

★ベランダなど日当たりの良い場所で育てます。

スイスチャードを元気よく育てるコツはおひさまによく当てること。
植物は光合成により葉を大きく育たせるので、日光と水と酸素のバランスを上手にとることが大切です。

 

★収穫のタイミングを見逃さないで。

スイスチャードは大きくなると茎が硬くなり、えぐみも強くなります。おいしく食べるには、草丈15~20cmくらいの小さいうちに収穫してしまうのがポイントです。

育て方に迷ったら、お気軽にご質問ください

スイスチャードの育て方について、わからないことが出てきましたら
当サイトのCONTACTInstagram(@uete.jp)からお気軽にご質問くださいね。

UETEといっしょに、おいしいスイスチャードが収穫できますように。

 

フォローして最新情報を受け取る
記事一覧へ