オクラの育て方|プランター栽培なら初心者さん向け!

オクラの育て方を初心者さんにもわかりやすく解説します。
オクラをプランターで栽培するには苗の植えつけから収穫まで6つのステップを押さえましょう。
病気や害虫の対策や、栽培中につまづきがちなよくある質問もまとめました。
おいしいオクラを収穫するための参考になりますように。


目次

  1. オクラってどんな野菜?
  2. オクラをプランターで育てる時期や環境
  3. オクラのプランター栽培に必要なもの
  4. オクラのプランター栽培の方法|6つのステップ
  5. オクラのプランター栽培で注意すべき病気や害虫
  6. オクラのプランター栽培に関するよくある質問

1. オクラってどんな野菜?

オクラってどんな野菜?

オクラは暑さや乾燥に強く、夏野菜の中でもかなり栽培しやすい野菜のひとつです。
栄養価が高く、サラダやてんぷら、煮物など幅広く利用できるので家庭菜園におすすめです。

オクラ独特のネバネバはペクチンによるもので、
整腸作用、夏バテ予防、動脈硬化、疲労回復によいとされています。

黄色く大きなハイビスカスのような花が咲き終わると伸びてくる若い実(種の入った莢(さや))が、オクラです。
やわらかいうちに収穫して、採れたてのおいしさを召し上がってくださいね。


2. オクラをプランターで育てる時期や環境

オクラをプランターで育てる時期や環境

オクラは春から育てはじめて、夏に収穫を楽しむ夏野菜です。
育てはじめるにあたって把握しておきたいスケジュールや栽培環境についてまとめました。


オクラの栽培カレンダー

オクラの栽培カレンダー


ベランダなど日当たりと風通しのよい場所で育てます

オクラを元気よく育てるコツはおひさまによく当てること。
植物は光合成により葉を大きく育たせるので、日光と水と酸素のバランスを上手にとることが大切です。

朝日が当たり、西日の当たらない南向きのベランダで育てられるのがベストです。
ベランダが無かったり、ベランダの日当たりが悪いご家庭は庭先や玄関先での栽培をご検討ください。


低温に注意!

オクラは暑さや乾燥に強い野菜です。一方で、低温は苦手。
4月中はまだ寒い日もあり、土の温度が低いことが多く失敗しやすいので、5月の連休後の種まきをおすすめします。


黄色い花が美しい

黄色い花が美しい

家庭菜園ならではのオクラの特徴として、収穫前に見ることのできる花の美しさがあります。
ハイビスカスのような淡い黄色の花を咲かせ、その美しさは野菜の花のなかでも指折りと言われるほど。

3. オクラのプランター栽培に必要なもの

オクラのプランター栽培に必要なもの


・オクラの種
・プランター(20L以上のもの)
・培養土(10L)
・肥料
・ジョウロ

4. オクラのプランター栽培の方法|6つのステップ

オクラのプランター栽培の方法を6つのステップにまとめました。

家庭菜園ブランド「UETE」の定番商品「オクラ スターターセット」を使って、
オクラの育て方をご紹介します。


オクラのプランター栽培の方法|①土づくり

オクラのプランター栽培の方法|①土づくり

まずは、UETEの培養土「UETE SOIL PACK」を使って土づくりに取りかかりましょう。

家庭菜園で重要なポイントのひとつに、育てる野菜と土との相性があります。
UETEのオリジナルアイテムのUETE SOIL PACKは、
軽量で野菜が健全に根を張り成長するように、野菜が喜ぶ良質な栄養源をオリジナルブレンドした培養土。

お届け時はさらさらと乾燥した状態になっていますが、使用前に水を含ませることで効果を発揮します。

UETE SOIL PACKは野菜が喜ぶ良質な培養土です

使い方はカンタン。
2袋分(計10L)のUETE SOIL PACKに対して500mlの水をたっぷりと含ませて、
プランターの中で大胆にかき混ぜたらUETE流の土づくりの完成です。


オクラのプランター栽培の方法|②種まき

オクラのプランター栽培の方法|②種まき

土の用意が整ったら、オクラの種をまきましょう。

オクラの種まきは、5月の連休後を目安に。
発芽適温が25~30度と高温のためです。

表面の土を平らにならした後、土に1cm程度のくぼみを5個つくり、
それぞれの穴にタネを2粒ずつ(計10粒)まきます。
タネまき後は薄く土を被せて、再び水をやさしくたっぷりとあげてください。

水やり後、発芽するまでの期間、濡れた新聞紙などでプランターを覆っておくと発芽しやすいです。

オクラの種まき

このとき、肥料をあげる必要はありません。
UETE SOIL PACKに含まれている肥料成分が、効き目を発揮するからです。


オクラのプランター栽培の方法|③水やり

オクラを育てはじめたら、毎日、土の状態をチェックしましょう。
表土が乾いたら水やりをします。
プランターの底から溢れるくらいにたっぷりとお水をあげてくださいね。

真夏の暑い時期に育てるので、水やりは朝・夕の2回。

水やりのタイミングがわからなければ、水やりチェッカー「SUSTEE(サスティー)」が便利ですよ。


オクラのプランター栽培の方法|④間引き

家庭菜園では種まきを経て芽がでてきたら、重なりあった株を取り除きます。
この作業を「間引き」と言います。
間引きをすると株同士の日当たりや風通しがよくなり、その後の良好な生育につながります。

オクラの間引きの場合、本葉2枚になったら10株のうち生育のよい5株を残して間引きをし、
残りは株元からハサミで切り取ります。

オクラは重心が高く倒れやすいので、株もとに土よせをしておきます。


オクラのプランター栽培の方法|⑤肥料(追肥)

オクラのプランター栽培の方法|⑥肥料(追肥)

植物を植えつけた後に施す肥料のことを「追肥(ついひ)」と呼びます。

オクラは種まきから花が咲くまでは比較的ゆっくりと進みますが、
花が咲いてからは急激に生育が早まります。

オクラがすくすくと育つように、花が咲いたら、週1回の頻度で追肥をしましょう。

肥料の量の目安は、UETEがお届けする肥料袋を追肥1回につき1袋です。


オクラのプランター栽培の方法|⑥収穫

オクラのプランター栽培の方法|⑥収穫

オクラの花が咲きはじめたら、収穫がはじまる合図です。
開花後に伸びてくる莢を、開花後3~4日のやわらかなうちに収穫します。

実の成長はとても早く、数日であっという間に巨大化し、
堅くなって味が落ちてしまうので早めの収穫を心がけましょう。

採れたてのオクラは茹でずに生で食べてもおいしいですよ。


5. オクラのプランター栽培で注意すべき病気や害虫

オクラのプランター栽培で注意すべき病気や害虫

オクラのプランター栽培で注意すべき病気や害虫について解説します。


病気

オクラの病気で注意したいのは、うどんこ病やすす病、立枯病など。
一度発生してしまうと治療には大きな労力がかかるので、生育環境を整えて病気にならないようにご注意を。


害虫

オクラの害虫にはアブラムシやハモグリバエ、ヨトウムシなどが挙げられます。
葉の表裏を定期的にチェックしたり、防虫ネットを張ったり忌避剤を使って事前の予防に努めましょう。


6. オクラのプランター栽培に関するよくある質問

オクラのプランター栽培に関するよくある質問

オクラの育て方に関するよくある質問をまとめました。


Q. オクラの種が発芽しません。発芽のコツを教えてください。

A. 発芽を促す追加のステップと、3つの対策をお伝えします。

オクラの種は発芽にコツが必要な野菜です。その理由は種の皮がかたく吸水しにくいから。
種まきの際に水やりしても、その後、土の水分が次第に乾いて水不足になると発芽不良につながります。

まず、種の吸水をよくして発芽を促す方法として次のステップを追加してみてください。


発芽を促す追加のステップ

種子を半日くらい水に浸けて強制的に吸水させた後、湿った布に包み、さらにポリ袋に入れ、これを30℃くらいの場所に2~3日置きます。
毎日、袋の中をあけてみて、一部の種子に1~2㎜の白い根が見えたら取り出して種まきします。

さらに、発芽前後の生育環境を整えるために以下の対策を取りましょう。

①毎日土の水分をチェックし、乾燥ぎみなら水やりをする
②乾燥防止と保温を兼ね、マルチングや敷きわらなどを行う
気温が上がりきらないうちに種まきをしない。晩霜が終わり、十分暖かくなってから種まきをする


Q.オクラの実がかたくて食べられません。どうしてでしょうか?

A. 収穫適期を過ぎたことが原因だと思われます。

オクラの果実は肥大が非常に早く、やわらかく食べられる収穫の適期は3~4日ほどです。

品種によって多少の違いはありますが、収穫適期の莢の長さは大体8~10㎝ほど。
この時期はわずか1日の収穫遅れで莢の長さは12~13㎝にもなり、果皮も急にかたくなってスジを感じるようにもなります。

スーパーに並ぶ農家さんが育てたオクラの場合、1日に朝夕2回の収穫を行ってサイズを揃えているそうです。
家庭菜園でも意識して早めの収穫を心掛けましょう。
かたくなり始める大きさを、自分なりに研究するのも楽しいですね。


オクラを上手に育てておいしく収穫しよう!

家庭菜園でオクラを育てるおもしろさは、
種から育てたオクラを新鮮なうちに自分で収穫して採れたてのおいしさを体感するところにあるでしょう。

種から育てて、成長を見守ることで、
普段口にしている野菜がどんな風に育っていくのかを知ることができるのは、家庭菜園ならではの醍醐味です。


初めてオクラを育てるならUETEがおすすめ

家庭菜園ブランド「UETE」では、ベランダなど育てる場所さえあれば
誰でも簡単にオクラの家庭菜園を始められる「オクラ スターターセット」を販売中。

UETEがお届けするオクラの種は 「グリーンソード」という品種。
色ツヤのよい濃い緑色の莢は、肉質がやわらかく採れたてのおいしさは格別です。

家庭菜園のある心地よい暮らしをUETEではじめてみませんか? 


育て方に迷ったらお気軽にご質問ください

オクラの育て方について、わからないことが出てきましたら
当サイトのCONTACTやInstagram(@uete.jp)からお気軽にご質問くださいね。


いま読まれている記事

UETEのスターターセットの中身をご紹介!

UETEの土 | タネの会社のこだわりがたくさん詰まってます

2022年度 冬季の出荷スケジュール

ラズベリーの育て方|プランターで鉢植え栽培を始めよう!

イチジクの育て方|ベランダで鉢植えするなら剪定に秘訣アリ

記事一覧へ